ビリヤードに関するニュースを配信しています!

ビリヤードニュース

テクニック

ブレイクショットはどこから狙うべきか!?

投稿日:2017年7月21日 更新日:

ブレイクショットは重要!

ビリヤードという競技において、「ブレイクショット」はもっとも重要なパフォーマンスの一つです。

技術が向上すれば、必然的にブレイクランナウト(マスワリ)の確率も高くなります。そして、上級者となれば、ブレイクの重要度は増します。

ブレイクショットはどこから狙う?

ナインボールでブレイクをする際は、どちらから打ちますか?右?左?真ん中?

プロを含め、上級者の中でも「必ずこちらからブレイクする」と決めている方は意外と多いです。

自身の癖やスタイルもあり、どちらがいい、ということはありません。

しかし、さまざまな予期せぬケースに遭遇する場合もあります。

テーブルやラック(シート、シール)によってはクセがすごい!

テーブルによって、変なクセがあったりした経験はありませんか?

例)

●右(もしくは左)からブレイクするとなぜかノーイン。

●ポケットの幅が右と左で若干異なる。(片側が渋い)

ラックシートによって、変なクセがあったりした経験はありませんか?

例)

●ラックシートによっては浮きやすい箇所があり、割れにくい。

相手ラックの場合、ラックの組む人によって割れ方が変わったりしたことないですか?

例)

●フットポイントより少しずらして組む人。

ブレイクする方角によって割れ方が異なったりしませんか?

例)

●なぜかマスワリ配置が出来やすい方角がある。

などなどです。

このようなケースに出くわすと普段から、両側から打てるプレーヤーは即座に対応できます。

また、セルフラックの場合は、マスワリしやすいラックの組み方ができます。ポケットできなければ、逆にチャンスを与えてしまいますが・・・☟こんな感じ

出展:初心者なんて言わせない!

気分転換のために、ブレイクする角度を変えてみる

さらに、相手のブレイク後の球の動きや配置を見て、台の癖を把握することも必要です。ささいなことですが、気分転換も必要です。

●いい流れを継続させるために同じ側からブレイクする

●(反対に)流れを変えるために逆側からブレイクする

ということを行い、自身のメンタル維持に一役買うこともできます。

どこからでもブレイクできるとメリットがある?

以上のことを考えると両側からブレイク出来た方が、良いことがあります。必須とは言えませんが、練習すればすぐに取り入れられるので、

試す価値はあると思います。ちなみに...下記画像でいう5番。(1番のすぐ後ろの右)

他の球に当たり、どこかに入る可能性が若干高いような気がします。隣の4番はほとんど蹴られないので、入る可能性はとても低いです。

1番の後ろのブレイク側に置かれた球は、比較的ポケットインを狙いやすいと思われます。

ジャパンナインボール(59)だと、点球がここに置かれるケースもあるので、どちらからブレイクするか、決めやすいと思います。

おそらくサイドブレイクの場合、ブレイク側と逆側とで、パワーの伝わり方やスロウのかかり方に差が生じているのだと思います。

ぜひ色々ブレイクショットの研究をしてみてください!





-テクニック
-

Translate »

Copyright© ビリヤードニュース , 2018 AllRights Reserved.