ビリヤードに関するニュースを配信しています!

ビリヤードニュース

テクニック

【ビリヤードテクニック】撞点で押し回転をコントロールしよう!

投稿日:2017年8月4日 更新日:

絶妙なコントロールが要求される場面で...

]次の画像はブレイク後の配置です。

簡単ではないですが、しっかりマスワリしたい配置です。

取り出しの①ですが、右上のコーナーにポケットし②に出したいのですが、完璧にストップしてしまうと②に対して手球が近すぎてしまいます。

さらにすぐそばに⑤と⑧があって、非常に撞きづらくなってしまいます。

ここは「球1~2個分前に転がしたい」場面です。

ほんのわずかだけ動かす技術

ビリヤードでは、目に見えやすい技術と、何をしているのかわかりづらく目に見えにくい技術、があります。

例えば、派手に押したり引いたりする技術は、素人なら誰が見てもすごいと思うでしょう。しかし、派手さがない地味なショットというのは、どのような技術を駆使しているのか気づくことはありません。

ということは、練習する機会も少ないということです。

特に、ストップではなく、球1個分2個分3個分前に出す技術というのは、意外にも難しいんですよね。

B級とA級で成功確率が違うショットの一つです。

よくやってしまいがちなショット

よくやってしまうパターンは、「弱く転がして手球を前にだす」ショットです。

これはうまくいったとしても「たまたまうまくいった」というケースが多く、的球のシュート成功確率が下がることがあります。

プロの動画を良く見てみるとわかると思いますが、ほとんどの上級者は手球を転がすのではなく撞点や撞き方で押しの回転量をコントロールするのです。

転がすのではなく、押しの回転量をコントロールするショット

撞点や撞き方で押しの回転量をコントロールすると、シュートが安定しますし、ラシャのコンディションの影響が少なくて済みます。

イメージとしては、的玉に当たるまで手球はラシャの上であまり転がらずに、的球に当たってからスピンがかかるイメージです。

ちょっと練習すれば確実に出来るようになりますから、必ずものにしましょう。

このショットのコツは「撞点をセンターショットのほんのちょっと上にする」ことです。

力加減で調整するのではありません。

もちろん力加減で調整して少し前に手球を転がす場面はありますが、このケースでは手球と①番の距離、①番とポケットの距離がかなりあるので「撞点の調整」でしっかりショットしましょう。

撞点撞きの練習法

まずセンターショットでストップショットをします。すると手球がピタリと止まります。

次に「1㎜単位」で撞点を上にあげていきます。必ず「少し前に手球が転がる撞点」が自分で掴めるようになります。正確に1㎜単位でなくてもいいんです。

自分の中で、1㎜単位で調節する、ということを意識してやれば身に付きます。

これだけでまた一つ大きなレベルアップにつながるので、ぜひものにしましょうね。

かなり多くの場面で応用がききますよ!





-テクニック
-,

Translate »

Copyright© ビリヤードニュース , 2018 AllRights Reserved.