ビリヤードに関するニュースを配信しています!

ビリヤードニュース

テクニック

【迷いやすい配置】コンビ?出しにいく?①

投稿日:2017年7月17日 更新日:

 

【コンビ?それとも出しに行く?】

最後残り3球の場面。
8番と9番がこのような配置で、

コンビにいくか?

それとも8番を出しにいくか?

悩ましい場面です。

一見出しにいくのが難しそうで、

コンビに出すほうが簡単に感じます。

 

【コンビで攻めるときの考え方】

①コンビで確実に9番が落とせるポジショニングをイメージ。
→ 「確実に9番を落としたい」という条件がつくと

「なるべく8番に近いところ。9番と8番のなるべく一直線上のところ」

という

かなり限られたところにポジションする必要があると考えがち。

※失敗した際のリスクは、残り方次第で逆にコンビを狙われやすくなる。

 

②アンドセーフを考慮する。

コンビで入れにいく際、

アンドセーフを意識する。

例:短クッションにくっつけるなど。

☆少しフリをつけることで、

アンドセーフしやすくなる。

 

③ネクストで失敗した時をイメージ。
・遠めになってしまう

・角度がつきすぎてしまう

→コンビの精度が落ちる。

 

【8番へのポジショニングの考え方】
☆右上コーナー出し一本で考えると、

力加減が難しい。

●右上コーナー狙い。

●右のサイド狙い。

●左下コーナー狙い。

9番に当たってもいいと考えると幅が増える。
→最悪弱すぎることだけは避ける、

と意識しても良い。

 

選択肢はこの他にもあると思いますが、

7番の入れが簡単なので、

8番へのポジショニングの要求は、

微妙な厚みと力加減のみです。

撞点は中心のみで処理できます。

よって、

8番へのポジショニングの方が、

狙えるポケットが多いので、

比較的簡単だと仮定できます。

仮にポジショニングを失敗しても、

コンビあるいはキャノン、セーフティーを選択することもできます。

 

しかし、

左上コーナーへのスクラッチや、

9番に隠れてしまうリスクも考慮しなければなりません。

 

失敗した際のリスクを考慮しながら自分の最善の選択をしましょう。

 

【人気ブログランキング参加中】

記事を気に入っていただけましたら、

↓応援よろしくお願いします。↓

ビリヤード・ダーツランキング

 





-テクニック
-,

Translate »

Copyright© ビリヤードニュース , 2018 AllRights Reserved.