ビリヤードに関するニュースを配信しています!

ビリヤードニュース

テクニック

【難しいカット】残り球のリスクマネジメント!

投稿日:2017年7月29日 更新日:

 

こちらの画像ですが、

残り3球の場面です。

6番を入れ倒せれば9番まで取り切れそうです。

「ここぞの1発」の力が試される場面ですね。

縦バンクで左下コーナーへ狙う、

というのも一つの選択肢ではありますが、

ほとんどの上級者はカットを狙うでしょう。

基本的にバンクはテーブルによってクッションからの角度がかなり異なります。

「カットでもバンクでもいける」という場合は、

カットで狙うのが基本ですよね。

とはいえ、この6番・・・

カットでもなかなか難しいですよね。

距離も遠いですし、

それなりに薄めに狙わなくてはならないし。

入れば最高ですが外す確率も高いです。

さて外すとしたらどんな外し方をしそうでしょうか?

人それぞれ異なると思いますが、

初心者ならば「厚く」外すケースも多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、上級者であればあるほど薄く、

BクラスCクラスでは厚く外す傾向が多いです。

 

上級者はなぜ薄くはずすのか??ということを考えてみましょう!

 

薄く当てた場合、

的球や手球の動きはこうなります。

的球の6番は短クッションにくっつきます。

これで、

残りがセーフティーになります。

 

厚くはずした場合はこうなります。

 

残り球が簡単になってしまいます。

 

上級者というのは、

難しい球に対しても、

残り球に対してこのようなリスクマネジメントを行っています。

 

ただ目の前の1球を入れることに集中するだけでなく、

はずした際のリスクも考慮することで、

勝率が上がります。

 

強いプレーヤーになるためには、

このようなリスクマネジメントも必要であるということを、

頭に入れておきましょう!

 

 

 





-テクニック
-,

Translate »

Copyright© ビリヤードニュース , 2018 AllRights Reserved.