ビリヤードに関するニュースを配信しています!

ビリヤードニュース

コラム

ポケットビリヤードの玉(ボール)の種類まとめ

投稿日:2018年6月11日 更新日:

ポケットビリヤードの玉(ボール)について、深く気にしたことはあるだろうか?

ビリヤード場の経営経験者ならともかく、一般客としてはビリヤードの玉のメーカー、種類などあまり気にしたことがない方はほとんどではないだろうか?

しかし、

●4番の色がいつもと違う

●白い手玉に赤い点がたくさんついている

などほんのわずかな違いに気づくことは少なからずあるはずです。

実は、ビリヤードの玉には種類があり、各メーカーや種類によって特性が若干異なる場合もあります。

ビリヤードの玉を知るものはゲームを制する、そんなこともあるかもしれません。ビリヤードの玉にはどんな種類があるのか?徹底解説していきましょう!

ポケットビリヤードの玉(ボール)の規格

NBA(日本ビリヤード協会)では、ポケットビリヤードにおいて使用する玉(ボール)について、正式に規格を定めています。

サイズ: 直径は56.5mm~57.2mm
重量: 165~175g
材質: 全てプラスチック製

ポケットビリヤードの玉(ボール)の色

ポケットビリヤードの玉の色は以下になります。

1:黄色

2:

3:

4:(ピンクや赤紫の場合あり)

5:オレンジ

6:

7:茶色(えんじの場合あり)

8:

9:黄色と白

10:青と白

11:赤と白

12:紫と白(ピンクや赤紫と白の場合あり)

13:オレンジと白

14:緑と白

15:茶色と白(えんじと白の場合あり)

手球:(点が付いている場合あり)

出典:ビリヤードボール - Wikipedia

ポケットビリヤードでは、1~15番までのボールを的玉といいます。上記的玉の色については、主にブランズウィック社製のボールの色になります。カッコ()についてはアラミスのボールの色です。

手玉については、ドット(点)が全くない玉、ドットが一つしかない玉、ドットが6個ある玉など、さまざまなパターンが存在します。

なお、現在ではドットが6個以上ある手玉が主流となっています。ドットがあると回転の動きがよくわかりやすいです。

ポケットビリヤードの玉(ボール)のメーカー

ポケットビリヤードの玉のメーカーは、大きな会社で2社あります。(その他マイナーメーカーについては割愛させていただきます。)

ブランズウィック社(Brunswick)

ボーリングのボールを製造しているメーカーとしても有名な会社がブランズウィック社です。4番の色が紫色であることが特徴です。

ブランズウィック社のビリヤード台は世界大会でよく使用されています。

 サルク社(SALUC)

サルク社もビリヤードボールの他にボーリングボールを製造しています。現在では、世界大会の公式戦でもよく使用されているのがサルク社の有名ブランド「アラミス(aramith)」のボールです。4番の色がピンク色であることが特徴です。

💡 昔はブランズウィック社のボールが人気があり主流でした。現在では、ピンク色の4番ボールの方が定評があり、サルク社のアラミスブランドボールへの人気が高まっています。

現在の最高級品はコレ!

現在では、アラミスブランドの「デュラミス」というボールが最高級品とされています。基本セットは、4番ピンクで手玉がドットボールとなっています。

ポケットビリヤードの玉(ボール)の材質

ポケットビリヤードの玉は、フェノリック樹脂がほとんど主流です。過去には一時象牙で作られた歴史もありますが、現在では禁止されています。

また、ビリヤードのボールは、安いものであれば規格外であることも多く重量が比較的軽いこともあります。

ポケットビリヤードの手玉の種類

ポケットビリヤードの手玉には、いくつか種類が存在します。また、手玉は単品でも購入できますが、サイズ・重さが異なると玉の動きに大きく影響しますので、なるべくなら同じメーカー・ブランドのもので統一されることを推奨します。

ドットがないボール

出典:プロショップ・セントラル

ドットが1個あるボール

出典:株式会社日本玉台

ドットが6個あるボール

ポケットビリヤードの玉(ボール)のメンテナンス方法は?

ビリヤードの玉はすぐに汚れてしまうので、使用後にはメンテナンスが必要です。ボールのメンテナンスに使用する道具をご紹介します。

ボールクリーナー

☞ こちらのボールクリーナーは、ビリヤードボールの汚れを落とすために開発された製品です。価格は高めですが研磨剤を使用していないのでボールに優しいです。

☞ ピカールはコストが安いことが特徴です。強力な研磨剤を使用しているので、かなりピカピカになりますが、摩耗してしまうので注意が必要です。使用頻度は週一回など少なめにした方がいいでしょう。ホームセンターなどでも販売されています。

☞ スプレータイプの研磨剤です。つや出しに最適です。ホームセンターなどでも販売されています。

ボール研磨機

☞ ビリヤードボール専用のボール磨き機も販売されています。セットするだけでキレイになるので手間が省けます。ニューアートさんで販売しています。





-コラム

Translate »

Copyright© ビリヤードニュース , 2018 AllRights Reserved.